PC1台で上級マネタイズ構築実践記録 桜美竜生

menu

リッチアフィリエイト【究極の錬金術】

Wazaar(ワザール)は稼げるのか?

すでに、ご存じの方も多いと思いますが、Wazaar(ワザール)というASPが2015年9月10日に立ち上がります。
実は、このWazaar(ワザール)は、株式会社みんカレの峯山さんやインフォトップの創設者ら2人が筆頭となり立ち上げることになったようで、アフィリエイターのとして情報業界の新たな動きにワクワクしています。


Wazaar(ワザール)の一番の特徴は?

Wazaar(ワザール)の一番の特徴は、様々なジャンルの数えきれないほどの商品を”動画を用いてアフィリエイトできることです。

『なんだ、別に珍しくないけど』と思っている方は、よく聞いてください。

動画を用いて商品を販売することで、転換率が上昇するということは以前から言われています。

Youtubeが世に広まって以来、動画の市場規模というのは広がり続けています。

しかし、日本国内のネットショップで動画を使った販売をしている店舗はまだ少なく、情報業界においてもごく稀です。

ランディングページ内で、動画を用いることはあっても、その他(例えば、バナーの代わりに動画)というのはほとんどありません。

有名なInfotopですら、商材のアフィリエイト用素材は、せいぜいバナーです。

今回新たに立ち上がるWazaar(ワザール)の動画マーケティングが情報業界のスタンダードになれば、転換率が上がる以上情報業界のマーケットが広がる可能性が非常に高いと考えられます。

また、Wazaarでは、ライフタイムコミッションという制度が導入されておりWazaar(ワザール)を紹介し、Wazaarに登録した人が今後購入する度にキャッシュバックが永遠に続くという恐ろしシステムが導入されています。

気になる方は➡Wazaar(ワザール)

 

アメリカではすでに流行している?

Wazaar(ワザール)で導入される”動画”は、DMM.comやHuluのような動画ストリーミング形式です。

情報商材をストリーミング形式で販売するということは、

①情報商材提供者も動画導入によって売り上げが上がる

②アフィリエイターも紹介しやすく転換率が上がる

③情報商材購入者も気になる商材を動画で見れるため、文章よりも分かりやすく購入での失敗が減らせる

という、まさに”三方良し”なのです。

実は、すでに情報商材を動画で紹介することは、アメリカでは流行しており、情報業界の市場規模を1桁塗り替えたとさえ言われているほどです。

私は、今後Wazaar(ワザール)が情報業界のスタンダードになるだろうと、確信しています。

まずは、Wazaarに登録して、新たな世界を見に行きませんか?
Wazaar(ワザール)

 

スポンサードリンク

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

カテゴリー