PC1台で上級マネタイズ構築実践記録 桜美竜生

menu

リッチアフィリエイト【究極の錬金術】

Twitterビジネス講座⑧【成果率を高める】

前回は、Twitterビジネス講座⑦【アクセス誘導】についてお話しました。

アクセス誘導の重要性については、ある程度ご理解いただけたと思います。

今回は、前回の続きで【成果率を高める】についてお話させていただきます。

Twitterで稼ぐことはできるか?『Twitterの7つの魅力』

Twitterビジネス講座①【まず自分からフォローする】

Twitterビジネス講座②【情報を発信・交流する】

Twitterビジネス講座③【セールス(売り込み)はしない】

Twitterビジネス講座④【個性/キャラクター設定】

Twitterビジネス講座⑤【訪問者にインパクトを与える】

Twitterビジネス講座⑥【ブランディングツイート】

Twitterビジネス講座⑦【アクセス誘導】




ネットビジネスの中で、メディアとしてメルマガを使用している方は意外と多く、究極の囲い込みとしてメルマガマーケティングに力を入れ、毎月大金を稼いでいる猛者たちもたしかに存在しています。

Twitterをメルマガビジネスの入り口として利用したい方は、今日の内容をよくご覧いただくことをおススメします。

まず、Twitterでメルマガ登録をしてもらう方法ですが、アクセス誘導と同じで、インパクトのある見出しとともにメルマガ登録画面(LP、登録フォーム)のリンクURLを貼るだけです。

実は、私も過去に無料レポートなどのLPのリンクURLを合計20000人ほどに紹介した場合に、思ったように成果が上がりませんでした。

計10回ほどの紹介で得た成果は30件ほどでした。

もちろん、そのときの私の勉強不足もあったのですが、原点に帰ると原因はすぐに分かりました。

ツイッターユーザーの目的は、メルマガ登録をすることでも、LPを見ることでもなく、『情報収集』と『交流』だからです。

それでも、Twitterビジネスというぐらいですから、稼げなければ意味がありません。

そこで、今回は無料レポートやオファーの成果率を高める方法を3つご紹介します。

 

☑自分のブランディングに沿っていて、フォロワー属性にフォーカスしたものを紹介する

『それぐらい当たり前!』と思っている方もいるでしょうが、実はできていない人をちらほら見かけます。

無料レポートやオファーを成功させるには、フォロワーが『ほしい』『読みたい』と強く感じるものでなくてはなりません。

つまり、自分のフォロワーはどういう属性で、自分がいる専門分野はどこだろうか?という部分への理解がなされている必要があります。

しかし、実際に紹介する無料レポート、オファーを決める基準は、
①まだ、この情報に需要はあるのか?
②LPはしっかり作りこまれているか?
③1件あたりの報酬額は高いか?

などのように、どうしても売り込み側目線で考えがちです。

少しズレたジャンルの無料レポートやオファーを紹介して、利益が出たら、さらに別ジャンルの紹介もするでしょう。

そうなれば、せっかくあなたが築いたブランディングは徐々に崩壊していき、金儲けに走るただの情報業界人になってしまいます。

もし、紹介する場合は、自分のフィールド内のジャンルであること。

そして、自分をフォローしてくれている属性にできるだけ合わせたものを紹介することを心がけましょう。

 

☑紹介する無料レポートやオファーは普段発信している情報の延長線上であること説明する

『情報発信』と『交流』を続け、フォロワーから厚い信頼を得ている人は常にフォロワーからアンテナが貼られています。

毎日、あなたのツイートを見ているでしょうし、気に入ったツイートがあればお気に入り登録してくれたり、リツイートしてくれたりと普段から色々なアクションを起こしてくれています。

仮に、あなたが無料レポート、オファーを出したときに、これらが普段出している情報の延長線上であることをきちんと説明することで、あなたのフォロワーがメルマガ登録してくれたり、成果を上げてくれる可能性は飛躍的に上がります。

思ったように成果が上がらない方は、一度見直してみましょう。

 

☑自分、または本当に尊敬している人が書いたレポートのみを紹介する

実は、これは思った以上に難しいことです。

一応、”本当に自分が尊敬している人”と書いていますが、極力自分が書いた無料レポートやオファーのみを紹介するべきです。

なぜなら、フォロワーはあなた自身の価値間や感性、思考や生き様が好きだからです。

例えば、私は柳井さん、ホリエモンさん、苫米地さん、アンソニー・ロビンスさん、ピーター・セージさん、ロバート・キヨサキさんという敬服している方々には、いつもアンテナを張っており、書籍を出せば購入しますし、DVDが出ればレンタルでも見ます。

お金を払ってでも、その人が出す情報を収集したいと心から思っているからです。

もちろん、あなたが尊敬する人が書いたレポートであれば、良い反応を示すフォロワーも中にはいますが、ごく一部でしょう。

また、自分と全く関係ない無料レポートやオファーの紹介ばかりをしていると、徐々に反応率が低下していきます。

ファンを作るのは時間がかかりますが、ファンが離れるのは簡単です。

常に、ファンに支えられてTwitterビジネスが成り立っているというのを肝に銘じながら取り組んでいきましょう。


スポンサードリンク

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

カテゴリー