PC1台で上級マネタイズ構築実践記録 桜美竜生

menu

リッチアフィリエイト【究極の錬金術】

Twitterビジネス講座⑦【アクセス誘導】

前回は、Twitterビジネス講座⑥【ブランディングツイート】についてお話しました。

下記もご覧ください▼

Twitterで稼ぐことはできるか?『Twitterの7つの魅力』

Twitterビジネス講座①【まず自分からフォローする】

Twitterビジネス講座②【情報を発信・交流する】

Twitterビジネス講座③【セールス(売り込み)はしない】

Twitterビジネス講座④【個性/キャラクター設定】

Twitterビジネス講座⑤【訪問者にインパクトを与える】



今日は、『アクセス誘導』テーマにお話したいと思います。

アクセス誘導は、アフィリエイトをはじめとするネットビジネスにとって肝になります。

すでに、アフィリエイトで結果を出している方は、アクセス誘導がとても上手という共通点があります。

実は、ツイッターのみで勝負することはリアル店舗経営者や物販業者、ネットワークビジネス以外の方にはおススメしません。

ツイッターは、メッセージなどを除いて、あくまで【1回140文字のツイート】で勝負することになります。

自分が販売している商品やサービスの良さを説明するには、不十分過ぎます。

また、販売に繋がるツイートを連発していると間違いなく敬遠されます。

つまり、”ツイッターとその他のメディアを連携すべき”ということです。

140文字もあれば十分、見込み客を呼び込むことができます。

方法は簡単。140文字以内でつぶやき+リンクを貼ればOK

そのつぶやきを見た人が、そのリンクをクリックした場合、すでに見込み客と見なすことができます。

また、英語圏では『リンクのあるツイートとリンクのないツイートでは、リンクのあるツイートの方が3倍ツイートされやすい』というデータがあります。

つまり、リンク先に自分が売りたい商品やサービスを設置して、その入り口としてツイッターを使うという感覚を持っていただければ良いです。

ここで一つポイント。

私の経験上、リンク先にLP(ランディングページ)や商品ページを並べた場合、離脱率が非常に高いです。

反対に、リンク先にはツイートより、さらなる情報を設置しておいて、そのエンドとして、または別のページにLPや商品ページを置いておく方が転換率が高いように感じます。

一度ツイッターでファンをたくさん作ってしまうと、こちらから必死に売り込まなくても商品やサービスが売れます。

積極的に売り込まなくても商品やサービスが売れるので、さらに売り込まなくなります。

これが非常に大切です。

地道に良質な情報を出し続けて、『凄い人だ!』と思ってもらえれば、リンク先のブログやサイトでも過去の記事を見たり、メルマガがあれば登録し、本を出していると購入し、セミナーがあれば参加するでしょう。

実際に私が、誰かのファンならそうします。

ビジネスで大切な質問である、『なぜお客さんは、その商品・サービスを買う必要があるのか?』、そしてもう一つ『なぜ、あなたから買う必要があるのか?』。

この質問は非常に重要です。

その答えは、『あなたのファンだから』です。

上手なアクセス誘導が出来るようになるため、結果を出している人のツイートを参考にしましょう。


スポンサードリンク

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

カテゴリー