PC1台で上級マネタイズ構築実践記録 桜美竜生

menu

リッチアフィリエイト【究極の錬金術】

Google(グーグル)がモバイルファーストインデックスを導入発表!PCとモバイルの分離にサイト運営者はどう対応するべきか?

前回は、【2016~2017年FRB利上げによるREIT(リート)への影響は?】をテーマにお話しさせていただきました。

最近、投資関連の記事がよく読まれているので、やはり世間のニーズはアフィリエイトよりも投資なんだな、という印象を受けています。

近日、今後の景気や経済的な環境の変化の予測をお伝えしようか迷っています。

今回は、投資の話は置いといて、アフィリエイト関連のお話をさせていただこうと思っています。

もうすでにご存じの方も多いかもしれませんが、Googleから重大発表があったことについて私の見解を書かせていただこうかな、と思います。

今回のGoogleの勇断で、地に落ちるサイト運営者も出てくるかもしれませんね。

ということで、『Google(グーグル)がモバイルファーストインデックスを導入発表!PCとモバイルの分離にサイト運営者はどう対応するべきか?』をお伝えしていきますね。




Googleがモバイルファーストインデックス導入を発表しました。

今回、インターネット上を騒がせているのは、ずばりGoogleが【モバイルファーストインデックス】を導入することを決定したことです。

米国のニュースサイト『Search Engine Land』によると

Within months, Google to divide its index, giving mobile users better & fresher content Currently, Google has a single index of documents for search. Google’s Gary Illyes announced they plan on releasing a separate mobile search index, which will become the primary one.

『数ヶ月以内にGoogleはインデックスを分離することを発表。これによりモバイルユーザーにより良く、新鮮なコンテンツを提供することを目指す。Googleは現在1つのインデックスしかないが、Googleのゲイリー・イリーズ氏によると同社は分離されたモバイル専用のインデックスを公開予定。そしてこのモバイル専用のインデックスが今後Googleの主要なインデックスにすることを決定』

(2016年10月13日 Search Engine Land by Barry Schwartz)

『ん?何のことだか、さっぱり分からないな。』という方のために簡単にご説明します。

今までの検索エンジンによる検索結果は、PCサイトを基準にしていたわけです。

つまり、PCサイトでより高い価値を持っていることが上位表示の条件で、そこにスマートフォンの最適化(レシポンシブルデザイン)をしているかどうかで、そのサイトにプラス or マイナスの評価をしている、という状態でした。

一昔前はPCしかありませんでしたが、時代の流れとともに技術が進歩し、モバイルやスマートフォンが登場し、それらからインターネットのアクセスが飛躍的に伸びたため、今までのPC基準の検索エンジンにプラスするような形でモバイルが存在していました。

それが、今後はモバイルサイトを基準に検索結果を表示するようなシステムに変更するというわけです。

PC+α(モバイル)➜モバイル+α(PC)となります。

では、なぜこのタイミングでモバイルファーストインデックス導入になったのか?

それは、2015年10月モバイルの検索回数がPCを上回ったことに起因しています。

その時点でのモバイルの平均月間検索回数は、約1000億回という異常な数字に達していて、いかにガラケーやスマートフォンによるインターネットアクセスが多いのかが伺えますね。

Googleは、今後モバイル専用のアルゴリズムを使用し、モバイルランキングを形成していくことが予想されます。

実は、今回のGoogleのモバイルファーストインデックス導入には大賛成しています。

google%e3%81%8c%e3%83%a2%e3%83%90%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%88%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%87%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9%e3%82%92%e5%b0%8e%e5%85%a5

 

今まで胡坐(あぐら)をかいてきた上位の強豪サイトが消える可能性あり?

さて、今回グーグルの決断で一番損をするのは誰でしょうか?

それは、過去に築き上げたサイトから不労所得を得ている人です。

しっかりモバイルフレンドリーを意識していれば、そこまで大きな転落はないといえます。

しかし、中には過去に作った優良サイトを放置している方も少なからずいます。

時代遅れのテンプレートやサイトレイアウトを採用しているために、今まで月間何万PVもあったサイトがある日急に2ページ目以降に飛ばされるということは十分起こりうると考えています。

実は、Googleは検索結果、上位表示のサイトには常に目を光らせていて、過去に価値のない上位表示サイトを県外に飛ばしてきました。

例えば、
サイト内に狙ったキーワードを書き込みまくる(色を同化させ隠す)
無駄、異常な外部リンクを貼りまくる
短期的なアクセスを狙うトレンド記事ばかりのコンテンツを形成する
価値のないコピーサイトの大量複製

などなど、挙げればキリがありませんが、このようなサイトは目視された瞬間、県外に飛ばされてきました。

つまり、Googleの”利用者にとって価値のないサイトは不必要”というポリシー通り、その都度サイトを整理していたわけです。

今までは、デスクトップ向けコンテンツを基準にして、時代の変化に伴いペンギンやパンダのアップデートで対応してきたのですが、それはベースがあって、その上に積み上げていくような運営姿勢でした。

ペンギンアップデート…Googleが検索結果スパムやGoogleのガイドラインに違反して、故意に順位を上昇させようとしているサイトの排除を目的としたアルゴリズム

パンダアップデート…他のサイトをコピーしただけの役に立たないサイト、ユーザーにとって価値のないサイトなどの低品質なサイトの順位を下げるアルゴリズム

しかし、今回のモバイルとPCを分離して、なおかつモバイル専用コンテンツを基準にPCの検索結果を表示するという方法にするには莫大な費用がかかります。

といっても、Googleアドセンスの広告でもモバイルに特化したり、サイトに合わせて柔軟に変化したりする広告が劇的に増えており、モバイル専用コンテンツを基準とした検索結果の表示、というのは時間の問題でした。

『自分のサイトも順位を下げられてしまうのではないか。。。

『サイトの運営に自信がなくなってしまった。。。』

『これからどういうサイトを作っていけばよいか分からない。。。』

というように、不安になりがちだと思います。

私も現在複数サイトを持っており、月に1~2度程度の記事更新にも関わらず、月間数十万PVを何年も維持しています。

では、現在サイトを運営している方は、どのようなサイト運営を心がけるべきか?

%e3%83%a2%e3%83%90%e3%82%a4%e3%83%ab%e5%b0%82%e7%94%a8%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%84%e3%81%8c%e5%9f%ba%e6%ba%96%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%82%8b

 

これからもサイトを上位表示させる3つのポイントとは?

では、今回のGoogleの『インデックスを分離する』、『モバイル専用のインデックスが作成される』という発表を受けて、これからどうやってサイトを上位表示させていくか3つのポイントをお伝えしておきます。

ちなみに、私は現在、検索結果1位、1ページ目に表示という上位表示するサイトを複数持っています。

それでも、これからモバイル専用のインデックスが基準になるにしたがって、上位表示されなくなる可能性は少なからずあります。

といっても、Googleのポリシーが変わるわけではありませんので、上位表示させる方法はあります。

モバイル専用のインデックス導入後でも上位表示させる3つのポイント
常にユーザーに価値のあるコンテンツを提供し続ける
↳今回、Googleがモバイルファーストインデックスを導入するのも、エンドユーザーにとって価値あるコンテンツの提供を第一に考えているからです。

つまり、サイト運営者もエンドユーザーにとって常に価値あるコンテンツを提供し続けなければなりません。

自分本意でアフィリエイトや広告を全面に押し出すようなコンテンツを形成するのではなく、サイト訪問者が本当に探している情報にいかに早く導くか、が重要になります。

当然、UUやPV、回遊率や滞在率などは関与してきますが、そのためにあえて分かりにくいサイトにしたり、情報を詰め込み過ぎたサイトを作ることは価値があるとはいえません。

本当に価値のあるサイトは、そんな小手先のテクニックを使わずともエンドユーザーから愛されるものなのです。

スマートフォンやモバイルに柔軟に対応するレイアウトの採用
↳今回のGoogleの方針では、レシポンシブルであることは大前提となっています。

どれだけデスクトップ専用で綺麗なサイトを作っていても、モバイルやスマートフォンに対応していないと見てもらえません。

つまり、モバイルを基準にレイアウトを考えた上で、あとからデスクトップのレイアウトを考えるぐらいで十分です。

ワードプレスでも有料の高品質なテンプレートを使わず、無料の非レシポンシブルデザインテンプレートで作ったサイトをよく見ますが、もしこれからサイトを立ち上げる場合は、必ずレシポンシブルデザインが採用されている高品質なテンプレートを使用しましょう。

SNSやメディアとの連携は必須
↳現在、日々新しいメディアが登場しています。

特に、動画コンテンツの伸びは異常ともいえるほどで、インターネット上のコンテンツの7割が動画である、といわれるほどです。

また、TwitterやFacebook、Instagram、Youtubeなどの連携は必須だと考えましょう。

SNSでバズってくれるようなコンテンツを中心に作りこんでいくことも良いでしょうし、サイトで更新した情報などをSNSで発信していくのもOKです。

SNSと連携するということは、時代の流れに乗っているということをアピールすることにも繋がるため、積極的に行っていきましょう。

%e3%83%a2%e3%83%90%e3%82%a4%e3%83%ab%e5%b0%82%e7%94%a8%e3%81%ae%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%87%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9%e3%82%92%e5%bd%a2%e6%88%90citirecruitment

いかがだったでしょうか?

Googleの今回の発表によって、常に時代の流れに乗らなければ勝ち続けることはできない、ということがお分かりになったはずです。

また、新しい情報が入り次第お伝えしようと思いますが、次回からはまた投資関連のお話をさせていただこうかな、と考えていますので、ぜひご覧くださいね。

今回は、『Google(グーグル)がモバイルファーストインデックスを導入発表!PCとモバイルの分離にサイト運営者はどう対応するべきか?』についてお話させていただきました。


スポンサードリンク

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

カテゴリー