PC1台で上級マネタイズ構築実践記録 桜美竜生

menu

リッチアフィリエイト【究極の錬金術】

Googleアドセンス審査に通るためのポイント

Googleアドセンスに関する記事はこちら▼

Googleアドセンスとは?

Googleアドセンスのメリット

Googleアドセンスで不労所得?

Googleアドセンスの審査に申し込む手順

 

Googleアドセンスを利用するには、2つの”審査”に通らないといけないことは、すでにお話していますので、今回は、”Googleアドセンスの審査に通るためのポイント”について詳しく解説していきます。

Googleアドセンスの審査は、1次審査➜2次審査と2回に分けて行われますが、目的は一つ。

それは、Googleアドセンス広告を掲載するに相応しいサイトかどうかを見極めることです。

そのため、少しでもマイナスの印象をGoogle側へ与えてしまうと、審査の合否に影響すると言えます。

私は、一発で審査に通りましたが落ちたという方もちらほら。

そこで、以下に”Googleアドセンスの審査に通るためのポイント”をまとめました。

 

サイト運営者情報(プロフィール)を記載する

➜Google側は、審査するサイトは誰が運用しているのかを重要視しています。

サイトのどこを探してもプロフィールや連絡先が無いようであれば、不合格になる可能性があります。

サイトから運営者に連絡が取れるようになっているか』、『運営者の名前』、『Googleアドセンスに登録したメールアドレス』、『住所』など運営者という人物がある程度分かれば大丈夫です。

 

10以上の記事数を書き公開する(それぞれ500文字以上)

➜Googleは、アドセンス広告を掲載するサイトが相応しいかどうかを判断していますので、コンテンツが無いサイトは評価しようがありません。

ですので、ブログなど記事がメインコンテンツのサイトであれば、最低10記事以上はアップしましょう。

また、内容が薄く文字数が少ないような記事は、マイナス印象を与えてしまいますので、文字数は500文字以上ということを基準にしましょう。

 

コンテンツがオリジナルである(動画や画像、Webツールなど)

➜Googleは、コピー&ペーストや模倣記事が大嫌いです。

検索エンジンの評価に関しても同様のことが言えます。

逆に言えば、自分オリジナルのコンテンツを作ればGoogleの評価は上がります。

難しく面倒に感じるかも知れませんが、最低限審査が終わるまではオリジナルコンテンツ作りに力を入れましょう。

 

サイト内に別の広告が貼られている(Googleアドセンス以外)

➜Googleは、Googleアドセンス広告以外の『コンテンツマッチ広告(コンテキストマッチ広告)』との併用を禁止しています。

もし、他者のコンテンツマッチ広告を使用していて、かつGoogleアドセンスの審査を受ける場合は、他者のコンテンツマッチ広告の利用を中止しましょう。

また、アフィリエイト広告の併用に関しては、サイト訪問者が『アフィリエイト広告とGoogleアドセンス広告を混同しなければ可』というような条件で許可されていますので、アフィリエイト広告も掲載したいと考えている方は、上記を遵守しながら掲載しましょう。

 

サイト内のコンテンツが禁止コンテンツを含んでいる

➜Googleアドセンスを利用するには、いくつかの禁止コンテンツについて注意しなければなりません▼

●アダルトコンテンツ

●個人、集合、組織を中傷するコンテンツ

●著作権で保護されているコンテンツ

●薬物、アルコール、タバコに関連したコンテンツ

●ギャンブルに関連したコンテンツ

●ハッキング、クラッキングに関連したコンテンツ

●報酬プログラムを提供するサイト(「報酬提供」サイト)

●Googleブランドを使用しているサイト

●暴力的なコンテンツ

●武器および兵器に関連したコンテンツ

●その他の違法なコンテンツ

上記に違反していると、審査に合格することができませんので注意してください。

 

内部リンク・外部リンクを貼っている

➜内部リンクや外部リンクが悪いというわけではありませんが、内部リンク・外部リンクはSEO対策に重要とされていますので、あまりGoogleには良い印象を与えないようです。

また、リンク先がアフィリエイト商材であるとさらに印象が悪くなりやすいので、仮に内部リンクや外部リンクをどうしても貼りたい場合は、審査に合格してからにしましょう。

 

立ち上げたばかりのサイトで申請する

➜これもとても大切なことで、どれだけサイトが運営されてきたかという実績はGoogleの評価に繋がります。

サイトを立ち上げたら、すぐにでもGoogleアドセンスを導入したい気持ちは分かりますが、1ヶ月も運営もしていないようなサイトは実績も無く良い印象を与えません。

最低でもサイトを設立してから1ヶ月運営してからGoogleアドセンス審査を受けるようにしましょう。

 

いかがだったでしょうか?上記をすべてクリアしてからGoogleアドセンス審査を受けていただけたら、限りなく100%近い合格率が出るはずです。

Googleアドセンスを利用する上で、Googleアドセンス審査は必須ですので、必ず一発合格出来るように頑張りましょう。



スポンサードリンク

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

カテゴリー