PC1台で上級マネタイズ構築実践記録 桜美竜生

menu

リッチアフィリエイト【究極の錬金術】

Googleアドセンスで稼ぐためのポイント

Audio-TechnicaUK

前回は、【Googleアドセンスと情報商材アフィリエイトの違いとは?についてお話しました。

今回は、前回お伝えしていた通り”Googleアドセンスで稼ぐためのポイント”について書かせていただきます。

 

Googleアドセンスに関する記事はこちら▼

Googleアドセンスとは?

Googleアドセンスのメリット

Googleアドセンスで不労所得?

Googleアドセンスの審査に申し込む手順

Googleアドセンスの審査に通るためのポイント

Googleアドセンスでアカウント停止される禁止行為

Googleアドセンス狩りとは?

Googleアドセンスと情報商材アフィリエイトの違いとは?

 

Googleアドセンスにおいて、私が一番目指しているのは、【収益の自動化】です。

私だけでなく、インターネットビジネスに取り組む多くの方も同じ目標を持っていると思っています。

情報商材アフィリエイトや物販アフィリエイトよりも、Googleアドセンスが最も適していると言っても過言ではありません。

なので、”短期間に大きく稼ぐ”という考え方から、”長期的に安定して稼ぎ続ける”というスタンスで取り組むことがGoogleアドセンス成功のカギです。

 

Googleアドセンスで稼ぐためのポイント▼

ページ数を増やす(コンテンツ量産)

➡基本的に、ナチュラルアクセス・新規ユニークアクセスを獲得し続けなければ、Googleアドセンスで稼ぐことはできません。

薄っぺらいサイトを作ってもそのサイトに価値がなければ誰も訪問しません。

また、仮にアクセスを取れても直帰率が高ければ、サイトの評価は下がります。

Googleアドセンスに取り組むサイトの商品は、『コンテンツ』です。

店に入っても商品が少なければ売れる可能性は低くなりますよね。

質より量とは言いませんが、サイト内のページ数は少なくても100ページ、それ以上であれば尚良しです。

よく、アウトソーシングで記事を外注することを推奨している人を見ますが、私はおススメしません。

なぜなら、”あなたの色が出ない”、”コピー&ペーストを多用している”からです。

たしかに、1記事100~200円程度で記事を外注できますが、所詮そのページの価値は100~200円です。

そのような、薄っぺらい記事を量産するくらいなら、時間がかかっても自分でコンテンツを作成する方が私は良いと感じています。

なので、私は一度も記事を外注したことがありません。

スピードは劣りますが、記事の質を上げているため書けば書くほどアクセスは上昇します。

私は、所有しているサイトで、出来るだけキュレーションした記事を書くようにしています。

たった一つのサイトでも、1日1記事書けば365ページの厚いコンテンツが出来上がります

 

最低限の相互リンクをしておく

➡相互リンクに関しては、様々な意見があります。

SEO対策で、出来る限り相互リンクを増やすというやり方ではGoogleにスパムとして認識される可能性がありますし、濃い相互リンクをし、紐づけサイトを育ててくれる業者もいますが、かなりの費用がかかります。

実は、私も相互リンクが1000以上あるサイトを持っていますが、サイトの評価は相互リンクに比例して上がるものではありません。

ですので、サイト立ち上げの段階で、10~30ほど相互リンク(出来れば同系ジャンルでGoogleページランク1以上)をしておくか、私がしているように運営しているサイト同士をすべて紐づけしておく程度で構いません。

以降は、相手側から申請された場合のみ良ければ許可するだけで、アクティブに自分から相互リンクする必要はないでしょう。

 

キーワード選定で失敗しない

➡これは、以前もお話したかもしれませんが、とても重要なポイントになります。

競合の多いキーワードで争うことほど馬鹿馬鹿しいことはありません。

特にGoogleページランク3以上がひしめき合っているキーワードは避けましょう。

かといって、競合が少ないからといって先の見えないキーワードに絞り切る必要はありません。

よく、トレンドアフィリエイトでピンポイントでキーワードを狙う手法が紹介されますが、トレンドを追いかけるということは、常にアンテナを張って世の中のトレンドについてのコンテンツ作成に力を入れなければならず、いつまで経っても仕事量が減りません。

また、瞬間的にアクセスを引っ張ってくることができても尻すぼみでは意味がありません。。

なので、例えば『美容』なら美容全般からまんべんなくアクセスを集められるようになることが最も望ましいでしょう。

ただし、美容に関しての情報量が他のサイトに負けてはいけないので、最新の美容情報(トレンド)も落としてはなりません

そういう意味では仕事量が減らないですが、過去に書いた記事からアクセスが集まるので、新たにコンテンツを形成しなくても収益を確保することができます。

後は、自分がどの程度アクセスを集めて、どれほど稼ぎたいかを明確にしてサイトマップを作成し、必要タスクをこなしていきましょう。

 

出来るだけロングテールに。

➡上記でもご説明しましたが、”短期間に大きく稼ぐ”考えでは、仮にそれが成功したとしても一時の成功に過ぎません。

それぞれの将来のビジョンにもよりますが、”時間的自由”、”経済的自由”を手に入れるためには、安定した不労所得が必要になりますので、長期的に稼げるシステムを作ることをおススメします。

無料オプトイン有料アフィリエイトなどの情報商材アフィリエイトでは、サイト・ブログ、メルマガ、セミナーなどで精力的に活動し続けなければなりません。

サラリーマンでは、到底到達が不可能な領域の収入を得ることができますが、勤労所得の部分を消し去ることが難しいのが現状です。

しかし、Googleアドセンスでは、ある程度システムを完成させることができれば、Googleアドセンス広告も適時入れ替わり、クリックでそれぞれの会社のランディングページ(良い意味で循環している)に飛びますので、サイトが古いという印象を多少拭えます

また、Googleアドセンスは、どちらかというと不労所得やポートフォリオ的な収入の側面が大きいので、【ネット上に資産を形成する】という感覚を持つことができます。

なので、一か月後に稼ぐという目標ではなく、一年後、二年後に月収50万円取れるように取り組むというスタンスで挑みましょう。

 

クリック単価が高い広告を選ぶ

➡クリック単価が高い広告には、ある共通点があります。

それは、商品やサービスの単価が高いことです。

商品やサービスの単価が高いジャンルでは広告主が売り上げを出せますので、広告主が相当高い金額でアドセンス枠を買っています。

1クリックを得る為に上限500円とかで入札していることもあるので驚きです。

中間マージンを抜かれても、サイト運営者が受け取る金額はクリック単価で100円以上もありますので、ジャンルをきちんと絞り込めば、高い収益を稼ぎ続けることができます。

 

続きは次回。

スポンサードリンク

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

カテゴリー