PC1台で上級マネタイズ構築実践記録 桜美竜生

menu

リッチアフィリエイト【究極の錬金術】

Googleアドセンスで稼ぐためのポイント③

前回は、前回に引き続き”Googleアドセンスで稼ぐためのポイント”についてお話したいと思います。

 

Googleアドセンスに関する記事はこちら▼

Googleアドセンスとは?

Googleアドセンスのメリット

Googleアドセンスで不労所得?

Googleアドセンスの審査に申し込む手順

Googleアドセンスの審査に通るためのポイント

Googleアドセンスでアカウント停止される禁止行為

Googleアドセンス狩りとは?

Googleアドセンスと情報商材アフィリエイトの違いとは?

Googleアドセンスで稼ぐためのポイント

Googleアドセンスで稼ぐためのポイント②



前回、訪問者のクリック率を上げるポイントとして

広告のバナーサイズ、カラー変更

広告設置位置

コンテンツへの同化

について考えていくことになるとご説明しました。

では、実際にそれぞれ見ていきましょう。

 

広告のバナーサイズ、カラー変更

➡Googleアドセンス広告を設置する際に、コンテンツ➡広告ユニットから広告のサイズやタイプなどを変更することができます

Googleアドセンス 広告ユニット画面

上記の画面をご覧いただけるとお分かりになりますが、自分の理想に合わせて広告のサイズやタイプを変えることができます。

もちろん、バナーだけではなくリンクユニットやカスタムなども使用することができます。

アフィリエイトにおいて、広告のタイプ、サイズやカラーは命と言ってよいほど大切です。

なぜなら、広告をサイト内に溶け込ませるように設置するとクリック率が向上するからです。

③コンテンツへの同化でもお話しますが、自分の持っているサイトに合う広告を設置することで広告浮きを軽減させることができます。

Googleアドセンスで稼いでいくためには、様々な広告タイプを色々試していって、それぞれのデータを分析していく必要があります。

広告タイプの中では、大きく目に留まりやすいためか、レクタングル大ビッグバナーワイドスカイクレイパーは一般的にクリック率が高いとされています。

 

広告設置位置

➡次に広告設置位置に関してですが、広告の設置位置は成果の反映にとても重要だとされています。

サイトのレイアウト(2カラムや3カラム等)により、効果の高い設置位置が変わりますが、人間の目はℤの文字をなぞる様に動くという研究結果が報告されています。

下記をご覧ください▼

Z 視線の動き

例えば、当サイトでは、Zの視線の要所要所に合わせて広告を設置しています。

 

広告を設置する効果的な場所としては、

①最上部(ヘッダー上部)

②グローバルメニュー

③右サイド上部

④記事最上部

⑤記事最下部

などが挙げられます。

 

ビジネス、アフィリエイト関連サイトでは広告が多めでもあまり問題ありませんが、他ジャンルでは広告を最小限に抑えることも成果を上げるポイントとなります。

 

コンテンツへの同化

コンテンツへの同化は、簡単にいうといかに広告をサイトのコンテンツのように見せるかがポイントになります。

サイトの背景色と広告のカラーやリンクのカラーを同じにしたりして、サイト内での広告浮きを減らすことが重要です。

私は、情報商材に関しては露骨に広告として見せても構わないと思いますが、Googleアドセンスに関してはサイトに溶け込ませる方がクリック率が上昇します。

いかに、さりげなく広告を仕込むかがポイントになります。

ただし、Googleの規約では『広告とコンテンツが紛らわしい場合はラベルが必要』とされていますので、必ず『広告』『スポンサードリンク』などの表示を入れましょう。

 

以下、規約違反をした場合のGoogleの見解▼

適切な広告のラベル: お客様が Google 広告を紛らわしい方法で掲載することは許可しておりません。

たとえば、紛らわしい見出しやタイトルの下に広告を掲載することは、見出しに関連するサイトのリンクであると誤解される可能性があるため許可されません。

この問題を回避するため、広告ラベルには「スポンサーリンク」または「広告」のみを使用するようお願いいたします。

ぜひ、参考にしてくださいね。

 


スポンサードリンク

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

カテゴリー