PC1台で上級マネタイズ構築実践記録 桜美竜生

menu

リッチアフィリエイト【究極の錬金術】

Googleアドセンスでアカウント停止される禁止行為

Googleアドセンスに関する記事はこちら▼

Googleアドセンスとは?

Googleアドセンスのメリット

Googleアドセンスで不労所得?

Googleアドセンスの審査に申し込む手順

Googleアドセンスの審査に通るためのポイント

 

今までは、Googleアドセンスとは何なのか、ということから審査申し込み手順審査に通るときのポイントなどについてお話してきました。

今回は、【Googleアドセンスのアカウント停止】についてお話します。

このWebサイトを立ち上げた初めの頃にアメブロのアカウント削除について色々とお話しましたが、今回はGoogleアドセンスのアカウント停止についてです。

上記のGoogleアドセンスについての記事をご覧いただくと、Googleアドセンスがいかに魅力的かをお分かりいただけると思います。ただ、審査も2回に分けて行われ、1次審査、2次審査に合格すると晴れてGoogleアドセンス広告を自分のサイトやブログで掲載することが可能となります。

ここで、一つ肝に銘じておいてほしいのが『Googleアドセンスに関しては、ルールが厳しく、ポリシーに違反するとペナルティが課せられ、最悪の場合何の前触れもなく、Googleアドセンスのアカウントが停止されてしまう』ということです。

 

下記のようなGoogleが禁止しているコンテンツを扱うとアウトです。

Googleアドセンスの審査に申し込む時点で当然把握していると思うのですが、今一度禁止コンテンツを把握しておきましょう▼

●アダルトコンテンツ

●個人、集合、組織を中傷するコンテンツ

●著作権で保護されているコンテンツ

●薬物、アルコール(ビール)、タバコに関連したコンテンツ

●ギャンブルに関連したコンテンツ

●ハッキング、クラッキングに関連したコンテンツ

●報酬プログラムを提供するサイト(「報酬提供」サイト)

●Googleブランドを使用しているサイト

●暴力的なコンテンツ

●武器および兵器に関連したコンテンツ

●その他の違法なコンテンツ

上記の禁止コンテンツは、審査が終わった後でも扱うことはできませんのでご注意ください。

 

また、『Googleアドセンスアカウント停止になる違反行為』は他にも数多くあり、ペナルティを受けてから知らなかったでは済まされませんので、禁止行為をいくつかご説明しておきます。

 

Googleアドセンス禁止行為

 

自らアドセンス広告を自分でクリック、表示回数の水増し行為

➡『アドセンス広告のコードを取得してサイトへ貼り付けた後、広告がきちんと表示されているけど、ちゃんと広告主のサイトに飛ぶか不安だから自分でクリックしてみよう。』と思ったこと方がいるかと思うのですが、このテストですら禁止されています。

Googleアドセンス広告はクリック報酬型です。

広告主は、テストクリックやクリックの水増し行為に払うお金などありません。

逆の立場であれば、無駄なお金は払いたくありませんよね。

禁止行為の中でも比較的やってしまう人が多いミスですので注意しましょう。

 

訪問者にクリック誘導してはいけない

➡例えば、表示される広告をクリックするよう他者に依頼する行為や広告での検索や表示に対して報酬を支払う等の行為も禁止されています。

具体的には、広告の上下左右に「広告をクリック」、「協力してください」、「これらのリンクへアクセス」やそのような意味の画像を近くに設置する等は禁止されています。

 

広告であることをラベルで記載しなければならない

➡Googleアドセンス広告を表示する場合には、『スポンサードリンク』、『広告』の表示は必須です。

Googleアドセンス広告を掲載する側の心理としては、『広告である』ということを訪問者に知られたくありません。

広告は掲載者にお金が入るということは一般的に広く知られていますので、広告を掲載していると良い気がしない方が多いということを広告掲載者側も知っていますので、できれば広告と認識されないように掲載したいものです。

実は、ラベルを記載しないまま広告掲載している方は非常に多いです。

しかし、きちんとラベルを記載しないといつアカウント停止を喰らっても文句は言えませんのでこれも徹底しましょう。

 

スパム行為や過剰なSEO対策

➡Googleは、ユーザーのことをしっかり考えているWebサイトや価値あるコンテンツを保持しているサイトを好みます。

反対に、過剰なSEO対策行為、ユーザー設定の変更や意図しないウェブサイトへのリダイレクトやダウンロードの開始、不正なソフトウェアの組み込み、サイトでの操作を妨げるようなポップアップやポップアンダーの表示などを行うことは認めていません。

これは、Googleアドセンス広告を掲載する場合も注意しなければなりません。

 

1ページに限度を超えるアドセンス広告の設置

➡コンテンツ向け AdSense の広告ユニットは 1 ページに 3 つまで配置できます。

ただし、300×600(または同じような大きさ)の広告ユニットを 1 ページに複数配置することは禁止されています。

もしそれを行った場合、広告は正しく表示されませんのですぐに分かります。

広告配置限度は以下の通りです。

●3 つのコンテンツ向け AdSense の広告ユニット

●リンクユニットを 3 つ

●検索ボックスを 2 つ

まで各ページに配置することが可能です。

 

ファーストビューは広告が占領してはいけない

➡ファーストビューは、広告効果が非常に高いとされています。

これは、広く知られており、ついクリック率の高いファーストビューに大き目の広告を配置してしまいますよね。

しかし、これは頻繁にGoogleから警告が来ることで有名で、『サイト内のコンテンツと紛らわしい方法で掲載することは禁止』という形で警告が来ることがあり『スクロールしなければ見えない位置にコンテンツを押しやるサイト レイアウトという禁止行為に当たるので注意しましょう。

画面をスクロールしなければコンテンツを閲覧することができない、また、誤って広告をクリックする【クリック誘導】と認識されれば、一発アカウント停止の可能性もあります。

Googleアドセンス=スパム】とユーザーに認識されることは、Googleにとって良いはずがありません。

本当に良いコンテンツを掲載しているサイトは、Googleアドセンス広告を違反せずに掲載しても収益は上がります。

広告の配置も大切ですが、長くGoogleアドセンスを利用できるよう努力しましょう。



スポンサードリンク

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

カテゴリー