PC1台で上級マネタイズ構築実践記録 桜美竜生

menu

リッチアフィリエイト【究極の錬金術】

稼ぐためのアメブロ運営の仕方(ポイント・コツ)

アメブロ関係記事▼

アメブロアカウント削除問題

アフィリエイトを始めるために一番最初にすべきこと

アメブロアフィリエイトの始め方

アメブロの機能を活用しよう


今回は、アメブロで継続的に月収100万円越えだった私が、アメブロをどのように運営していたかについてお話します。

私ももちろん、ハイクオリティな自動ツールを持っていましたが、スパムまがいなアクションを起こしたことは一度もありません。

基本的に稼げるようになるためには、『堅実に地道に』というのが一番の近道だと覚えておいてください。

アメブロ運営初期

アメブロ運営初期では、アメブロ始めたばかりの期間を指します。

まずは、マネタイズ構築していくため、また安全に長く運営していくためについての作業です。

①最初は、アメブロのフルカスタマイズを施します。(CSS編集、ブログヘッダー作成、オリジナル読者登録ボタン作成、グローババルメニュー作成、アフィリエイトバナー設置、プロフィール画像作成など)

②アメブロのフルカスタマイズができたら、検索エンジン登録PING送信先の設定をして、検索エンジンにインデックスします。

③次に、グローバルメニューからの記事作成を行います。

④上記ができれば、読者登録の上限1000人まで読者登録を行います。(Googleページランク1以上のブログのみ)

⑤検索エンジンに上位表示させるようなキーワードを盛り込みながら、毎日記事更新を行います。

アメブロ複数所持。※自分が各アメブロの質を落とさずに維持できる最大の数

SNS連携。※Twitter、Youtube、Facebook等

アメブロ運営中期

アメブロ運営中期では、アメブロを始めてから6か月~1年の期間を指します。

ここまで、来るとビジネスのセンスがある方なら、すでに月に数万~10万円くらいなら稼いでいるでしょう。

ただ、それはほんの一握りで、毎月収益が無いの方が大半です。

では、そんな方はどのようにしてアメブロをこれから運用していくのか?

所持している各アメブロに以下を行いましょう▼

①今まで書き溜めた記事をすべて見返し、誤字・脱字の修正不要な記事の削除不要な文章の削除必要な文章の追加を行います。※SEO対策上とても重要です。

②アクセス解析を分析し、UU・PVアクセス媒体(PC、モバイル、スマートフォンのうちどれか)を自分なりに解釈、そして検索ワードで上がっているキーワードの確認

③検索エンジンから流入のあるキーワードについての記事を書く。※キーワードの専門性を向上させるため。SEO対策。

読者メンテナンスで、読者登録を返してくれていないアメブロを読者登録から外す。

広告への反応率の分析自分のアメブロにその商材が適しているか商材の質・ランディングページの質・商材価格等の再評価広告の位置・バナーの大きさ・デザイン等の再評価

 

アメブロ運営後期

アメブロ運営後期は、アメブロを運営してから1年~の期間を指します。

この期間で、収益を上げていなければかなり危機感を持ちましょう。

私は、アメブロ運営後期では50万円~100万円ほど毎月出していました。

この時点での、【アメブロアカウント削除】は相当ダメージが大きいため、バックアップはもちろんのこと、Wordpressへの移行を視野に入れましょう。

毎月10万円でも稼げていたら、まだ御の字です。キャッシュフローを出せているということは、やり方次第でその10万円を100万円にすることも可能です。

要は、マネタイズをおぼろげながらでも構築できていれば良いです

毎月の収益が自分の理想に届いていない場合は、アメブロ運営中期の運営方法を行いながら、さらに下記を行いましょう▼

無料または有料メルマガの配信・アメブロからの誘導。(媒体をアメブロからメルマガへ展開します。)

メルマガ初心者は、まぐまぐが吉

無料オファーキャンペーンの積極的参加。※各ジャンルのリスト取りシステムの構築

WordPressとアメブロとの両天秤。※アメブロアカウント削除に対するリスクヘッジ

有名アフィリエイターとのタイアップ。※横のつながりを持っている方限定。

基本的には、アメブロ運営初期からアメブロ運営後期までしっかりタスクをこなしていると、収益は上がると思うのですが。。。

もし、ここまでして収益が上がらない場合は、根本的なミスを犯しているか、アメブロへのアクセスを上手く広告へ流せていないことが考えられます。

今回は、【稼ぐためのアメブロ運営の仕方(ポイント・コツ)】についてお話しました。

ワードプレス&フェイスブック&ブログ集客ツールAmepress アメプレス


スポンサードリンク

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

カテゴリー