PC1台で上級マネタイズ構築実践記録 桜美竜生

menu

リッチアフィリエイト【究極の錬金術】

ワードプレス(WordPress)に絶対に入れておくべきプラグイン7選

前回は、【アフィリエイトでの成功例・成功者とは?】についてお話しました。

独自ドメインを取得してサーバーを借り、いざワードプレスをインストールしたまではいいが、セキリュティ対策やSEO対策をどのようにして良いか分からない、という方は少なくありません。

そこで、今回はワードプレスのセキュリティ対策やSEO対策に悩んでいる方のためにワードプレス(WordPress)に入れておくべきプラグイン7選】をテーマにお話したいと思います。

関連記事▼
ワードプレスでサイト作成【初心者が自分で作る編】
サイト・ブログ・WordPressでSEOに有利なテンプレートは?
アフィリエイトの始め方【初心者の方は必ずチェック!】
アフィリエイトでの成功例・成功者とは?
ワードプレスがアフィリエイトに適している理由





ワードプレスのプラグインって何?

ワードプレスのダッシュボードには、『プラグイン』という項目があります。

ワードプレスをインストールし、テンプレートを有効化したとき、最初はほぼ白紙のHPになります。

初心者の方であれば、『え?簡単って聞いていたのに、自分で全部作らないといけないの?』と思う方も少なくないでしょう。

実は、半分当たりで半分はずれです。

ワードプレスは、コアに負担がかからないよう不必要な機能を装備していません。

そのため、ワードプレスでサイトを立ち上げようとした場合、必要な機能はその都度その都度足していかなければなりません。

基本的には、その際ワードプレスのテンプレートのプログラムを書き換えるかプラグインをインストールする、という2通りのやり方があります。

プラグインとは、ワードプレスの機能を拡張するツールで、その数は膨大にあり、それぞれのニーズに合ったプラグインを見つけワードプレスにインストールしていきます。

これにより、様々なカスタマイズが可能になり無料ブログとは比べものにならないほどの高品質のサイトを作ることが可能になります。

しかし、ワードプレスを始めた頃は『サイトにどんなカスタマイズが必要なのか?』、『自分の希望沿うプラグインはあるのか?』、『そもそもプラグインはインストールしなくても良いのか?』など、色々な疑問があることでしょう。

星の数ほどあるプラグインから、サイトに必要なプラグインを選ぶのは簡単ではありません。

そこで、ワードプレスに絶対に入れておきたいプラグインを7つご紹介していきますので、必要が無いと感じてもインストールしておきましょう。

〇サイトを守るための万能セキリュティプラグイン
〇サイトを悪質なスパムコメントから守るプラグイン
〇Googleに適切なサイトを情報を伝えるSEO対策プラグイン
〇サイトの訪問者や読まれているページなどを分析するアクセス解析プラグイン
〇サイトの記事編集する際の編集機能拡張プラグイン
〇HP上に人気の記事がランキングで表示されるプラグイン
〇ワードプレスで投稿した記事を自動バックアップするプラグイン

以上⑦つの優れたプラグインを次の章でご紹介していきます。

 

絶対に入れておくべきプラグイン7選とは?

All In One WP Security
↳ワードプレスは無料ブログと違いドメイン・サーバーとも自分で借りて運営するわけですが、その際ある程度セキュリティも自分で設置しなければなりません

サーバー側が独自にセキュリティを施していることが多いですが、それでも不十分と言えます。

そんなときに自分のワードプレスサイトを守ってくれる万能セキュリティプラグインが【All In One WP Security】です。

Akismet
↳Akismetは、スパムコメントからワードプレスサイトを守ってくれる有名なセキュリティプラグインです。

記事に対して投稿されたコメントを独自のフィルターにかけ、スパムコメントの疑いがあれば、通知してくれます。

また、Akismetに登録しておくことでスパムコメントをブロックしてくれます。

Google XML Sitemaps
↳Google XML Sitemapsは、サイトの情報を適切に検索ロボットに伝えるためにサイトマップを作成するプラグインです。

一度Google XML Sitemapsを使いサイトマップを作成していると、ウェブマスターツールにて自動で蓄積・管理し、新しい記事を公開した際にサイトマップを自動的に更新してくれます。

そうすることで、サイトの情報を適切にGoogleに伝えることができ、検索エンジン対策として有効になります。

StatPress
↳StatPressは、ワードプレスサイトに訪問者や検索ロボットなどが訪れたことを記録し、それをリアルタイムで確認できるアクセス解析用プラグインです。

使い方も非常に簡単で分かりやすいプラグインということ、そして検索エンジンからサイトの評価が上がっていることを確認するツールとして活躍します。

TinyMCE Advanced
↳TinyMCE Advancedは、記事を編集する際の投稿機能を拡張するプラグインです。

ワードプレスのデフォルトの投稿機能では、表を挿入できなかったりYoutube動画コードの挿入ができませんが、TinyMCE Advancedをインストールし設定することで様々な投稿機能を増やすことができます。

特に記事を頻繁に公開したり、コンテンツ重視のワードプレスサイトを作る際には必要と言えます。

WordPress Popular Posts
↳WordPress Popular postsは、サイト内で読まれているページ順(例えば、Top10など)に並べることができ、サイト訪問者に人気のある記事を紹介することができます。

人気の記事をどのように公開するか(アイキャッチ画像を入れるか、テキストだけか、どの期間でデータを収集するか)を詳細に設定できるので、ある程度柔軟性を持たせることができます。

この手のツールは、ワードプレスだけでなく無料ブログなどでも人気のツールなので入れておきましょう。

WordPress Database Backup
↳WordPress atabase Backupは、ワードプレス内でのデータをバックアップすることに特化されたプラグインです。

バックアップ+αで考えるなら、【WP-DBManager】というさらに便利なプラグインが存在しますが、ワードプレス初心者の方や『とにかく、データのバックアップをしてくれればそれで安心!』という方には、WordPress atabase Backupがおススメです。

WordPress atabase Backupは、ワードプレスのデータベース(MySQL)を手動または、自動で取ることができます。

さらに、バックアップを取る頻度を設定できたり、バックアップしたデータを指定したアドレスに送信することができる優れものです。

 

プラグインのインストール方法

次に、それぞれのプラグインのインストール方法ですが、画像を交えながらご説明していきます。

まず、ワードプレスダッシュボード内のプラグインにカーソルを合わせます。

そうすると、
〇インストール済みプラグイン
〇新規追加
〇プラグイン編集

が表示されますので、『新規追加』をクリックしましょう。

ワードプレスに入れておきたいプラグイン7選

次に、右上の赤枠内の『プラグインの検索』に探しているプラグインの名前を正確に記入し、検索しましょう。

ワードプレスに入れておきたいプラグイン7選②

例えば、『bbPress』を検索し表示された場合は下記のようになります。(画像は拡大しています。)

赤枠内の『今すぐインストール』をクリックしましょう。

ワードプレスに入れておきたいプラグイン7選③

『今すぐインストール』をクリックしたら、下記のページが表示されますので、すぐにプラグインを有効化したい場合は、赤枠内の『プラグインを有効化』をクリックしましょう。

ワードプレスに入れておきたいプラグイン7選④

もし、インストールし、有効化したプラグインを確認したい場合は、ワードプレス、ダッシュボード内の『インストール済みプラグイン』から確認、設定などをすることができます。

ワードプレスに入れておきたいプラグイン7選⑤

ワードプレスにプラグインをインストールすることは、シンプルで簡単です。

ただし、プラグインの設定や複数のプラグインがお互いに干渉することなどもあるので、プラグインはインストールした後に、表示する前にバックアップを取ったり、事前にサイトの状態を確認しておきましょう。

 

最後に

今回は、『ワードプレス(WordPress)に絶対に入れておくべきプラグイン7選』ということで、優れたプラグインを7つご紹介しました。

ただし、この7つは最低限入れておくべきプラグインなので、自分がワードプレスに実装したい機能があれば、その都度プラグインを探す必要があります。

また、先ほども言いましたが、他のプラグインが干渉し正常にプラグインの機能が働かないことも多々ありますので、注意が必要です。

機会があれば、それぞれのプラグインの設定方法も公開していきます。

スポンサードリンク

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

カテゴリー