PC1台で上級マネタイズ構築実践記録 桜美竜生

menu

リッチアフィリエイト【究極の錬金術】

ビットコイン・暗号通貨のセキュリティはリスクだらけ?安全に保管・管理する方法をご紹介

暗号通貨の基軸通貨である”ビットコイン”。

今では、日常のあらゆるところで目にするようになっています。

そんな中、

実物がないからとっつきにくい
ビットコインの価格の高騰は魅力的だけど、実際に持つとなると不安。。。
悪い噂もよく耳にするんだけど、大丈夫なの?

と思われている方は、非常に多いと思います。

ですが、今の時代は暗号通貨無くして先は無いというほど、暗号通貨は重要な存在になりつつあります。

まだ、暗号通貨の役割が分からないという方は、フィンテック革命をご覧いただければ分かると思います。

フィンテック革命が世界を変えた?~暗号通貨の役割と価値について~

今回は、【ビットコイン・暗号通貨のセキュリティはリスクだらけ?安全に保管・管理する方法をご紹介】をテーマにお話させていただきたいと思いますので、

ビットコインのセキュリティについて勉強したい!

という方のご参考になればと思います。




☑️ビットコインを持つ上でのリスクって何?

ビットコインを持つ上でのリスクとは何でしょうか?

私が、一番はじめにビットコインを持ったときに感じたリスクとしては、

◯ビットコインの価値が無くなる
◯ビットコインを不正アクセスにより損失する
◯ビットコインの取引所が閉鎖することによりビットコインを失う

などがあります。

つまり、ビットコインを失うというリスクを第一に考えていました。

また、可能性は限りなく0に近いですが、ビットコインの需要が世界的に無くなることにより、価格の暴落を招くのでは無いかということも頭にありました。

今から、

『ビットコインを持ちたい』
『最近、ビットコインを持ち始めた』

という方が最も気をつけなければならないことをお教えしておきます。

それは、

ビットコインウォレットのセキリュティレベル

です。

通常、ビットコインは下記のような取引所により売買されます。

ビットコイン取引所 coincheck
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

取引所で売買する場合は、取引所内のウォレットを使用することになりますが、取引所内のウォレットはオンラインで保管されることになります。

この”オンライン”というのが、大きなリスクを孕んでいます。

オンラインということは、

◯コンピュータがハッキングされる
◯フリーwifiなどから通信を盗み見られる
◯取引所がweb上で攻撃される

などによって、ビットコインを失う可能性があります。

といっても、取引所もセキリュティ面に関しては頑張っていて、下記のようなセキリュティ対策を講じています。

◯ネットワーク
…SSLで100%暗号化。全てのページはSSL/TLSによる暗号化通信を利用し、ネットサービス事業者がそれぞれの対策を実践する


◯コールドウォレット
ハッキングによる被害を防ぐためにオンラインから切り離されたコールドウォレットで保管。


◯マルチシグ
単独の管理者に出金権限を与えず、複数の管理者がいなければ出金できないマルチシグ管理を行っている→内部犯行防止対策


◯分別管理
客の預け入れ金は、当社運用口座から分離した別の銀行口座に保管することで資産を保護。

ビットコインを購入して、いつまでもオンラインウォレットで保管しておくことは、とてもリスクが高いということをご理解いただけましたか?

では、ビットコインを最も安全に保管・管理する方法はあるのでしょうか?

 

☑️ビットコインを最も安全に保管・管理する方法とは?

もうお分りの方もいるかもしれませんが、ビットコインを安全に保管・管理する方法は、

オンラインではなくオフラインのウォレットで保管すること

です。

では、オフラインでのウォレットはどんな種類があるのでしょうか?

ハードウェアウォレット
↪︎ハードウェアウォレットは、イメージとしては財布の中にビットコインを保管して管理するウォレットです。

ハードウェアウォレットは、オンラインのウォレットに比べ安全性は高くなっています。

ハードウェアウォレットは、その種類により保管できる暗号通貨の種類が異なり、全てのアルトコインに対応しているウォレットは今のところありません。

最も人気があるハードウェアウォレットは、Ledger Nano Sです。

Ledger Nano(レジャーナノ) Sは、ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコインなどの保管が可能で、今後はリップルも保管できるようになるとのことで、一番人気があるハードウォレットになります。

自分のPCとハードウェアウォレットをUSBケーブルにて接続することでPC上から操作することができます。

取引所に資産を全て預けている

という方はハードウェアウォレットを早く購入しておくことをおすすめします。

 

ペーパーウォレット
↪︎ペーパーウォレットは、その名の通り『紙の財布』です。

インターネットに接続しておらず、他のアプリケーションを起動していない状態で、OSを立ち上げ、ペーパーウォレットを印刷します。

ペーパーウォレットでは、厳密に財布ではなく

①ビットコインの公開アドレス

②秘密鍵

の2つが記載された用紙になります。

これを、誰にも見られないよう封印した状態で個人金庫に預けることで、高い安全性を担保する方法です。

ただし、一つだけ注意があります。

ペーパーウォレットは、長期間の安全保管が目的です。

紙ベースのウォレットなので、頻繁にビットコインのやりとりを頻繁にする方には向いていません。

また、一度ペーパーウォレットを印刷してから、引き出した場合、セキリュティ面から再度同じペーパーウォレットを使用することはできません。

セキリュティ面も気にしながら、頻繁に暗号通貨のやりとりを希望する方は、ハードウェアウォレットがおすすめです。

また、他にモバイルウォレットやデスクトップウォレットなども存在しますが、最も安全なのはハードウェアウォレットとペーパーウォレットになります。

 

☑️暗号通貨で安全に資産を増やす方法とは?

ビットコインを最も安全に保管・管理する方法は”インターネットと切り離して管理する”ということはご理解いただけたかと思います。

何かあってからでは遅いので、早めにビットコインを安全に管理しておきましょう。

ここまでをご覧いただき、

セキュリティも大切だけど、安全に資産を増やす方法はないの?

と考えている方は少なくないと思います。

もちろん、私もその1人です。

暗号通貨に限ったことではありませんが、投資で安全に資産を増やす方法は一つ。

日々勉強し、正しい情報を誰よりも早く仕入れること。

です。

なんだ、勉強の話か。

と思った方、ちょっと待ってください!!

FXや株式投資などの従来の投資では、相場というものが存在し過去の歴史を振り返えることでも勉強することができます。

しかし、暗号通貨の歴史は非常に浅く、今こうして記事を読まれている間にも次々と新しい問題が発生したり、革命が起こっています。

いくら、ビットコインが開始当初の価値に比べ800万倍になったとはいえ、情報も無しに暗号通貨に資産を放り込むのは自殺行為です。

私も実際に痛い目に遭ったことがありますし、多額の資金を溶かした投資家も見てきています。

暗号通貨業界に参入して、一週間で軍資金の半分を溶かす”なんていう大事故も普通に起こり得ます。

暗号通貨で資産を大きく増やした投資家の方は、毎日情報を取るために足を使い、常により良いタイミングを待ち、慎重に資金を投入しています。

ましてや海外の機関投資家もガンガン絡んでくる暗号通貨の相場なんて、あって無いようなものです。

暗号通貨で失敗したくないのであれば、まずはこちらをご覧ください。

暗号通貨『解体新書』

暗号通貨『解体新書』は、暗号通貨のパイオニアで、日本で真っ先に暗号通貨の可能性を確信し、顧客の資金である5億円を150億円まで爆増させた実績を持つ、渡辺純一さんが手がける暗号通貨のオンライン動画講座です。

無料でプレゼントします!!

合計2時間以上に及ぶ、貴重な情報をまとめた暗号通貨『解体新書』を無料で手に入れることができます。

詳しくはこちら

人から聞いた曖昧な情報やネットで顔も知らない誰かの発言などをむやみに信用して暗号通貨に投資する方が後を絶ちませんが、

この記事をご覧になられている方は、しっかりと正しい情報を正しい場所から仕入れて、慎重に投資を行うようにしましょう。

Bitcoin(ビットコイン)が遂に分裂完了。ビットコインキャッシュ(BCC)と今後の予測は?
フィンテック革命が世界を変えた?~暗号通貨の役割と価値について~
ビットコインが分裂?ハードフォーク後の価格は上昇か暴落か?
ビットコインの仕組みと最も簡単な入手方法とは?
暗号通貨詐欺が急増中!?初心者が失敗しない暗号通貨投資のポイント【必見】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

カテゴリー