PC1台で上級マネタイズ構築実践記録 桜美竜生

menu

リッチアフィリエイト【究極の錬金術】

ビットコインの仕組みと最も簡単な入手方法とは?

ビットコインに関しては、世界中のあらゆる人の様々な思惑や期待があるかと思います。

実際に、ここ数年のビットコインの価格の暴騰加減を見ていて、今までは考えられないような異常なあがり方を見せています。

これは、ビットコインのメリットを魅力的だと考えている人が世界にたくさん存在する、ということを裏付けていると考えています。

ただ、『暗号通貨に乗り遅れた!!

と考えるのも少し違います。

今から暗号通貨で大儲けしたい!!

と思っている方はたくさんいると思いますが、暗号通貨は詐欺通貨も含めて世界中にたくさんあるからです。

今後、世界中で注目される通貨が次々に登場すると思いますので、その時に備えてしっかりと知識を蓄えておくことで波に乗れる可能性は十二分にありえます。

そこで今回は、『ビットコインの仕組みと最も簡単な入手方法とは?』をテーマにお話させていただきたいと思います。



現在、キャンペーン期間で、『暗号通貨 解体新書』の動画講座5万円相当が
無料プレゼント
されています!!

こちら

私も拝見しましたが、非常に暗号通貨に突っ込んだ内容で、『こんな豪華な内容を無料でいいのか?』というレベルでした。
私は、ほとんど教材をお勧めすることはありませんが、私自身とても勉強になったのと、素晴らしい内容だったので、このブログをご覧の方に特別にご紹介します。

BTC(ビットコイン)も50万円を超える中、テレビや専門誌でビットコインが取り上げられることが格段に増えました。
しかし、右も左も分からないうちに暗号通貨に手を出すと、火傷をする可能性の方が大きいのは明らかです。

もし、
●どのように暗号通貨で資産を構築していけばよいのか
●次々に誕生する新興コインの見極め方
●これからの時代に必要な資産構築の考え方

をきっちり学びたい方は、ぜひご覧ください!!

ちなみに、限定500本の限定配布のようですので、ご興味のある方はお早めに!!

こちら


☑️ビットコインはどこで誰が発行しているのか?

ビットコインが世の中で注目を集めていますが、その中で

『そもそもビットコインでどこで誰が発行しているのか?』

と疑問に思っている方は多いはずです。

例えば、

日本では、お札は日本銀行が発行しており、百円玉などのコインは補助貨幣という位置付けになり、政府が発行しています。

つまり、日本円に関しては実質、国の管理下にあるといえます。

また、銀行が実際に得ている預金の何倍かの貸付を行うこと(信用創造)によっても新たに生まれ続けています。

日本円のサイクルとしては、

日本銀行が発行政府や一般銀行を経て国民の経済活動に使われる納税や借金の返済され政府や銀行に戻る日本銀行が回収

となっています。

では、ビットコインはどうでしょうか?

ビットコインの基本的な仕組み

ビットコインは、日本円と全く異なり一人一人が発行しています。

基本的なモデルとしては、金を掘り当てて掘り当てた人が金を獲得することをイメージしてもらうと分かりやすいかと思います。

ビットコインでは、個人がビットコインを『採掘(マイニング)』する仕組みを持っていて、そのマイニングするコミュニティに参加する人々が日々発掘し続けています。

マイニングは、約10分に1回の割合で進むことになっており、誰かがビットコインをマイニングした際は、本当に正しくマイニングされたかどうかを互いに確かめ合う仕組みになっています。

また、ビットコインを個人間で送金し合う際にも、データが改竄(かいざん)されていないかどうか、それぞれのマイナーが確かめ合っています。

ビットコインは、日本円と異なり、回収されるサイクルがありません。

ただし、ビットコインは暗号通貨の中のインフレ通貨ではないため、上限があります。

つまり、マイニングされるビットコインの量は、発行され始めたその日から決められており、その量は、約2100万BTCとなっています。

ビットコインの採掘が始まった2009年当初は、1回のマイニングで得られる報酬は50BTCでした。

この割合は、年々減っていくよう設計されており、約4年ごとに半分になっていき、2012年の11月には25BTCに変わり、2140年までに上限である約2100万BTCに達することが予想されています。

 

 

☑️ビットコインの入手方法とは?

先ほど、ご説明したようにビットコインは『マイニング』の報酬として世の中に発行されていきますが、いきなり

よし、自分も今日からビットコインを発掘しよう!

というわけにはいきません。

というのも、マイニングには専用のハードウェアを使ったマイニング機材への投資が必要になっていますし、今からビットコインをマイニングしても、マイニング機材への投資費用や電気代(クーラー、PC起動)を回収するのに1年以上かかります。

そこで、現実的にビットコインを得る方法をご紹介していきます。

 

ビットコインを分けてもらう
↪︎最も簡単な方法は、すでにビットコインを持っている人から分けてもらうことです。

ビットコインの送金や受取ができる『ウォレット』というものが存在するので、それをウェブ上で作り、自分のアドレスに送金してもらうことで手に入ります。

ただ、現在、ビットコインの価格は1BTCあたり30万円を超えている状況ですし、価格が上昇を続けているので、無料でもらうのは現実的に厳しいと思います。

そこで、何かの対価としてビットコインをもらうという方法がおすすめです。

 

取引所で購入する
↪︎前回の記事でもご紹介した世界最大手の取引所であった『マウント・ゴックス』は数年前に経営破綻しました。

前回の記事はこちら】➡️フィンテック革命が世界を変えた?~暗号通貨の役割と価値について~

誤解している方も多いと思いますが、ビットコインを取引する際は、取引所を介する必要はありません。

各ビットコインの取引所は、ビットコインそのものを商品として扱い、法定通貨で売り買いするための市場であり、円やドル、ユーロなどの業界でいう外貨両替所になります。

私は、【CoinCheck】という取引所で日々取引を行っています。

この取引所は、ビットコインだけでなく、世界で注目を浴びている暗号通貨を取り扱っていて、ワンクリックで簡単に購入することができます。

先日、私の持っていた通貨が4倍になり利確しましたが、スマホだけでスムーズに取引することができました。

今から暗号通貨を利用料無料安全確実に始めたいと考えている方には大変オススメな取引所となっています。
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
マウント・ゴックスが破綻したときは、

ビットコイン取引所は全て詐欺じゃないのか?

ビットコインがそもそも危険だ!!

という意見が多数ありましたが、ビットコインの価格にほとんど影響もなく、外貨両替所を経営する会社が1社倒産した程度で、全世界に流通している通貨のシステム全体に影響が及ぶというのは、ありえない話ですよね。。。

ビットコインの価格は、マウント・ゴックス破綻後も価格の暴騰を続けており、今後も暗号通貨業界に資金が流れてくれば、自ずとビットコインの価格も上昇すると考えています。

では、ビットコインの価格の変動は何に最も影響を受けているのでしょうか?

 

☑️ビットコインの価格の変動は何に影響を受けているのか?

ビットコインは、当然日本円で購入できますが、通貨のような固定された価値を持つものではなく、現代の各国の法定通貨がそうであるように、交換レートが変化し値動きがあります。

そのため、レートは安定せず、当初は無価値と言えたものが2013年11月末には1ビットコインの価格が10万円を超え、また2017年の4月頃から約33万円を超えました。

では、ビットコインの価格の上昇・下降はどのように決まるのでしょうか?

ビットコインの価格が上がる理由
↪︎今までは、中国の中で動きがあるとビットコインの価格が変動していましたが、現在は中国でのビットコインの使用が規制されました。

そのため、メディアなどで話題に上ると興味を持ってビットコインを購入する人が増えますので、需要が増えると価格が上がります。

また、ビットコインでは、新たな供給量は次第に減少するように工夫されていますので、今後も全世界で利便性や資産性が認められ続けるとすれば、ビットコインの価格はどんどん上昇していくでしょう。

ただ、ここ数年での価値の上昇が著しいため、資産運用として保持するばかりが増えてしまうと、通貨としては破綻しているといえますね。

 

ビットコインの価格が下がる理由
↪︎一方、売りたい人が多くなる要因としては、ビットコインの信頼性が落ちることが大きく関係しています。

例えば、

トランザクションの展性の脆弱性などが見つかり、システムに対する信頼度が低下する。

また、実際自分が買い物をしたい店舗などで支払いに使えない。

といった状況が生じると、それを現金に戻そうとする動きが活発になります。

その結果、ビットコインの売り注文が増え、ビットコインが余り出すと価格が落ちる傾向があります。

また、政府がビットコインを違法と判断している国が増えていることも事実です。

ビットコインは、

●利便性が高い
●資産性が高い
●代替通貨としての価値がある

という魅力的なメリットがある反面、まだ未開拓な分野で成熟していないため、デメリットやリスクもあるのです。

いかがだったでしょうか?

次回も暗号通貨について引き続きお話していきたいと思いますので、ぜひご覧くださいね。

今回は、『ビットコインの仕組みと最も簡単な入手方法とは?』をテーマにお話させていただきました。
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

こちらも合わせてご覧ください

➡️フィンテック革命が世界を変えた?~暗号通貨の役割と価値について~
➡️ビットコインが分裂?ハードフォーク後の価格は上昇か暴落か?

スポンサードリンク

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

カテゴリー