PC1台で上級マネタイズ構築実践記録 桜美竜生

menu

リッチアフィリエイト【究極の錬金術】

ビットコインが分裂?ハードフォーク後の価格は上昇か暴落か?

前回は、『ビットコインの仕組みと最も簡単な入手方法とは?』をテーマにお話させていただきました。

さて、この記事をご覧になられているということは、期待よりも不安な気持ちが優っているのではないかと思います。

というのも、世界中の多くの投資家が同じような感情を抱いているからです。

ついに、ビットコイン始まって以来の最大の危機を迎えました。

現在、ビットコインを持っている方は、

『ビットコインが分裂したらどうなるの?』
『ビットコインの価値はなくなるの?』
『暗号通貨が全体的に下落していて、資産が大幅に減った』
『暗号通貨に投資なんてしなきゃよかった。』

と不安や後悔に苛まれているかもしれません。

そこで、暗号通貨界隈で活動している方から集めた情報と私自身の考えや意見も含め、今回は、暗号通貨の投資家の間で騒然となっているこの『ビットコイン分裂問題、ハードフォーク後の価格が上昇するのか暴落するのか』についてお話したいと思います。



現在、キャンペーン期間で、『暗号通貨 解体新書』の動画講座5万円相当が
無料プレゼント
されています!!

こちら

私も拝見しましたが、非常に暗号通貨に突っ込んだ内容で、『こんな豪華な内容を無料でいいのか?』というレベルでした。
私は、ほとんど教材をお勧めすることはありませんが、私自身とても勉強になったのと、素晴らしい内容だったので、このブログをご覧の方に特別にご紹介します。

BTC(ビットコイン)も50万円を超える中、テレビや専門誌でビットコインが取り上げられることが格段に増えました。
しかし、右も左も分からないうちに暗号通貨に手を出すと、火傷をする可能性の方が大きいのは明らかです。

もし、
●どのように暗号通貨で資産を構築していけばよいのか
●次々に誕生する新興コインの見極め方
●これからの時代に必要な資産構築の考え方

をきっちり学びたい方は、ぜひご覧ください!!

ちなみに、限定500本の限定配布のようですので、ご興味のある方はお早めに!!

こちら


☑️なぜビットコインが分裂する可能性があるのか?

2009年にビットコインが発足して以来、世界中にその価値が認められてきました。

それを裏付けるように、1BTCが30万円を超えるほどにまでなりました。

しかし、以前から2017年8月1日にビットコインが分裂する可能性が示唆され、業界の不安の種となっていました。

では、世界にその価値を認められたビットコインがなぜ分裂する事態になったのでしょうか?

調べたところ、今回の騒動は”仕様改善方法を巡る意見の違い”によって生じた問題のようです。

というのも、ビットコインは国が発行する通貨のように管理者を持っていません。

ビットコインは、取引情報を公開で分散管理するというブロックチェーンの技術を使った、民主主義的な仮想通貨ですから、関係者が多すぎて方向性がなかなか決まらないのです。

実は、関係者は大きく3つに分かれます。

コア開発者
↪︎コア開発者とは、ビットコインのプロトコルをプログラムしている人のことで、基本的にはボランティアで仕事をしているインナーサークルといえます。

取引所
↪︎取引所はビットコインと法的通貨との交換所のことで、日本では、Coincheck(コインチェック)やBitflyerなどが有名どころとして知られています。

マイナー
↪︎マイナーは、取引所での取引を記録する(マイニング)役割を担っていて、機材を揃えれば誰でもマイナーになることができます。
しかし、現状としては世界最大のマイニング団体として中国のアント・プールなど、少数の寡占状態となっています。

上記のように、ビットコインの投資家やビットコインの使用目的の所有者を除き、ビットコインに大きく関係しているのは上記の3つの関係者です。

その中で、ビットコイン取引の認証を待つ取引量は、昨年の5倍以上になっている状態で、迅速にビットコインの取引を認証させるために高額な手数料を払う利用者も出ている状態です。

場合によっては、ビザやペイパルなどを利用するよりも手数料が高額になる可能性もあります。

それでは、ビットコインの本来の目的を遂行できていないため、解決策を提案し、それを支持する関係者が出てきました。

ビットコインの新規発行に向けた一連の作業をマイニング(発掘)と呼ぶが、世界最大のマイニング団体アントプールを設立したウ・チハン氏は10日のインタビューで、「全体をビットコイン・アンリミテッドにスイッチする」と述べた。同氏のグループは、ブロックチェーン活動の15%を占め、業界で大きな影響力を持つ。同氏を支援しているのはビットコインの「 ジーザス(救世主)」として知られるロジャー・バー氏だ。

バー氏は9日、東京都内でのインタビューで、「ビットコイン・アンリミテッドをアクティベートさせるためにはマイナー(採掘者)の60%もしくは70%の参画がわれわれには必要だ。他と合わせれば、現時点で既にわれわれのゴールまでの中間地点に近いといえよう」と語った。

ビットコイン・アンリミテッドは基本的にブロックチェーンに対するソフトウエアアップグレードだ。ビットコイン創成期の開発者は処理可能なデータ量に上限を設けた。ネットワークをスローダウンさせるこのような上限は、システムに負荷をかける攻撃の可能性に備える必要な安全策と捉えられている。アンリミテッドの支持者は今や、ブロックチェーンはいかなる制約も不要な十分強固なシステムだと主張している。

Bloombergより

このように、ビットコインが現状抱えている問題を解決したい派(アンリミテッド)、今までのビットコインを維持しようとする(コア)に別れてしまったという2つの派閥ができてしまったという流れになります。

 

☑️そもそもフォークとは何か?

先ほど、説明したビットコインの問題点を改善する策として、

一つ目は、ブロックのサイズを拡張するというものがあります。

ビットコインにおけるブロックとは、10分間のビットコインの取引記録を収納するボックスのようなものです。

この”ブロックのサイズを拡張する”という解決策は、大手のマイナーが支持しています。

というのも、マイナーは、取引を記録していくことで手数料を得ているので、ブロックのサイズが拡張することにより、より多くの取引を記録することができるからです。

しかし、ブロックサイズが拡張すると、大きなブロックを扱えるPCが限られるので、今の寡占状態が助長される可能性があり、コア開発者や取引所としては反対意見が目立ちます。

もう一つの改善方法としては、取引データを圧縮する方法です。

segwitという言葉を耳にしたことがあると思います。

segwitは、2015年の12月に提案された方式で、取引データを圧縮することができます。

ビットコインで小額の送金(マイクロペイメント)などを行う場合にも必要となりますので、コア開発者や取引所はsegwitに賛成する姿勢を見せています。

というのも、マイニングによる手数料が下がると同時に、中国の大手マイナーが開発したマイニング専用の機械が使えなくなる、という事情もあります。

つまり、この二つの解決策を巡って、双方のどちらもの合意を得られていないため、従来のビットコインでいられない可能性があるということなのです。

しびれを切らしたコア開発者のグループは、「2017年8月1日から、segwitに同意していないブロックは取引所が拒否する」という提案をした。これは、BIP148(ビットコイン改善提案148号)と呼ばれる。

8月以降においても、segwitに同意していないブロックをマイニングし続けることはできる。だから、この提案によってすべてのマイナーがsegwitを採用するわけではない

そうなると、segwitに対応するブロックと対応しないブロックという2つの系列ができてしまうことになる。これを「フォーク」(分岐)と言う。この場合はソフトフォークと呼ばれる。そのため、BIP148は、UASF:user activated soft forkと呼ばれる。

しかし取引所が扱わないブロックは当然、人気がなくなる。ビットコインのルールによれば、分岐した場合には短い方の枝は切り捨てられる。そうなると、マイナーは報酬を得られない。そこで、マイナーは、自動的にsegwitに対応するだろう。このため、分岐は一時的なものにとどまる。これがBIP148の提案者の目論見だ。

一方、マイナーのグループは、UASFに対抗するものとして、segwit2xという提案をしている。

これは、「segwitを実装するが、11月にブロックの容量を拡張する」というものだ。

ブロックサイズが拡大されると、対応していないマイナーはビットコインをマイニングできなくなる。従って、ビットコインのマイニングを続けるためには、強制的にアップグレードさせられることになる。

しかしながら、何らかの理由によって(例えば思想的な理由によって)、旧来のビットコインのマイニングを続けたいマイナーがいるかもしれない。その場合には、ビットコインは2つに分裂することになる。これをハードフォークという。

現代ビジネスより

現時点で、ビットコインが分裂する可能性があるかどうかは決まっていませんが、仮に8月1日に分裂する場合は、

◆ビットコインコア
◆ビットコインアンリミテッド

上記の2つに分裂し、今までのビットコインという暗号通貨は無くなることになります。

『今持っているビットコインが無くなるの!?』
『ビットコインが分裂したらどうすればいいの?』
『今のうちに法的通貨に換えておいた方がいいかも。。。

と思われているかもしれません。

そこで、2017年8月1日の取引所の対応が公開されましたので、共有しておきます。

 

☑️ビットコイン分裂による取引所の対応は?

では、今回はCoincheck(コインチェック)とbitFlyerの2つの取引所の対応について載せておきたいと思います。

Coincheck(コインチェック)の対応

↪︎【2017年8月1日】Coincheckサービスにおける一部機能の停止に関するお知らせ

2017年8月1日、ビットコインの分岐に関しご利用者様の資産を保護するため、Coincheckサービス(取引所・決済)におけるビットコインの入出金、また決済機能を一時停止とする可能性がございますことをお知らせ致します。

【停止日時】
日本時間 2017年8月1日 午前0:00

【影響のあるサービス】
・Coincheck
・Coincheck Payment

【影響のある機能】
・ビットコインの入出金
・決済機能
・Coincheck以外のウォレットからの送金(Coincheckウォレットでの受け取り)
・Coincheck以外のウォレットへの送金(Coincheckウォレットからの送金)■入出金について

2017年8月1日 午前0:00以降、「Coincheck以外のウォレット」から「Coincheckウォレット」へのご入金を行わないよう、お願い申し上げます。万が一入金してしまった場合、残高への反映は入出金機能の再開後となります。

また同日午前0:00以降、「Coincheckウォレット」から「Coincheck以外のウォレット」への送金は停止致します。

●入出金

ご利用について

Coincheck→Coincheck

通常通り入金が可能

外部ウォレット→Coincheck

2017.8.1 午前0:00以降
入金しないようお願い申し上げます

Coincheck→外部ウォレット

2017.8.1 午前0:00以降停止

・Coincheckウォレット同士のビットコイン送金は可能です。
・Coincheckウォレット以外への出金を急ぐ場合、他の通貨のご利用をおすすめ致します。

・2017年8月1日 午前0:00より前に入金に必要なconfirmation数を3から10に変更する可能性がございます。
・ビットコインの分岐が2017年8月1日 午前0:00以前に起こる可能性があると弊社が判断する場合、予告なく2017年8月1日 午前0:00以前に上記【影響のある機能】を停止する可能性がございます。公式SNS等にて事前に告知を行うよう努めて参りますが、ご了承くださいますよう宜しくお願い申し上げます。

■再開、また機能停止を行わない場合について

再開日時は未定でございますが、数時間〜数日を見込んでおります。また、2017年8月1日午前0:00においてビットコインの分岐が行われないと弊社が判断する場合は上記の機能停止は実施されません。この際、公式SNS、ブログ等にて別途お知らせを致します。

■オルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)販売所の運営について

ビットコインの分岐に関し、最小限の機能停止にて対応を行う予定ではございますが、カバー取引先への送金が滞る可能性があるため、予告なくオルトコイン販売所の運営を停止する可能性もございます。大変ご迷惑をお掛け致しますが、ご了承くださいますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。

大変ご迷惑をお掛け致しますが、ご理解ご協力のほど、何卒宜しくお願い申し上げます。またビットコインの分岐に際し、価格が急変動するリスクが高まります。お取引の際は十分ご注意くださいますよう、宜しくお願い申し上げます。

次に、bitFlyerの対応です。

◆bitFlyerの対応

↪︎【重要】8 月 1 日に起こる可能性のあるビットコインのブロックチェーン分岐に向けた対応
8 月 1 日に起こる可能性のある

ビットコインのブロックチェーン分岐に向けた対応

ビットコインのブロックチェーン分岐(以下「分岐」)については状況が日々変化しており、結果として分岐が起きない可能性もございます。当社としては分岐が起こる可能性を鑑み、下記の対応を予定*1しておりますのでお知らせします。

●お客様の資産は守られます。分岐が発生した場合、分岐前にビットコインを当社で保有されていたお客様には分岐後の 2 つ(以上)のそれぞれのチェーンでできたコインを付与します。*2

●当社は分岐を機に発生する可能性のあるリプレイアタックに向けた対策*3を行います。分岐前にリプレイアタック対策が可能な取引所にビットコインを預けていただくことがお客様の資産保護の観点から最も安全と考えております。

●下記サービスは停止せずに通常どおりご利用いただけます。

・ビットコイン及びアルトコインの売買(販売所、bitFlyer Lightning現物、FX、Futures)

・日本円の入出金

・ビットコイン以外の仮想通貨のお預入・ご送付

●お客様の資産保護のため、ビットコインのお預入・ご送付、ビットコインをつかう、ビットコイン決済・Payは一時停止する予定です。

(分岐が起きないと当社が判断した場合は下記サービスの一時停止は実施いたしません)

【一時停止期間・一時停止対象サービス】

一時停止期間(日本時間)

一時停止対象サービス(予定)

7 月 31 日 22 : 00 ~ 8 月 2 日頃(予定)

ビットコインお預入・ご送付

ビットコインをつかう

ビットコイン決済・Pay

【当社対応スケジュール】

日時(日本時間)

当社対応(予定)

7 月 31 日 22 : 00 頃(予定)

【一部サービス停止】

一時停止対象サービスを停止します。

8 月 1 日 9 : 00(予定)

【数量決定】

この時点でお客様が保有しているビットコインの数量に応じて、分岐が恒久的であると当社が判断した場合に付与されるコインの数量が決定されます。

8 月 2 日頃(予定)

【分岐判定】

分岐が恒久的であると判断した後、2 つ(以上)のコインを上記数量決定された数量付与します。また、いずれかのチェーンを「代表的なチェーン」と決め、現在当社の全てのサービスが参照しているBTCは以降「代表的なチェーン」のコインを参照します。

8 月 2 日頃(予定)

【サービス再開】

一時停止対象サービスを再開します。

8 月 3 日以降(予定)

【新コインサービス開始】

「代表的なチェーン」以外の各チェーンのコインのお取引、お預入・ご送付を開始します。

お客様にはご不便をおかけしますが、ご了承いただけますと幸いです。また、上記対応の変更時には改めてご連絡をさせていただきます。

繰り返しになりますが、当社としてはビットコインのブロックチェーンがどのように分岐した場合でもお客様の資産の保護を最優先し各チェーンのコインを取り扱う予定*2であり、お客様の資産は守られます。また、ビットコインのブロックチェーンに対する分析・研究を継続し、お客様のリスクを最小限に抑制する努力を続けます。

最後に、当社としては 2009 年以降多くのユーザーに支えられてきたビットコイン・エコシステムが今後も安定的に存続し発展することを強く望みます。当社はそのような発展を望むコミュニティの一参加者として継続的にできる限りの貢献を行っていきます。

*1 2017 年 7 月 19 日現在の状況に基づくものであり、今後のビットコイン・エコシステムの状況変化によっては当社の対応も変わりうるものであることをご了承ください。

*2 当社が恒久的に持続可能ではないと判断したチェーンのコインは付与しない場合があります。その場合は一切の損害について当社は補償いたしません。

*3 分岐した場合にはリプレイアタックの対策をする必要があり、この対策ができない場合は分岐後に片方のチェーンでの送付が意図せずもう片方のチェーンでも送付されてしまう可能性があります。当社にお預けいただいたビットコインはリプレイアタック対策を行うのでご安心ください。

* 当社は、本対応内容の瑕疵、変更等により、お客様ならびに第三者が損害を被った場合でも一切補償しません。

上記をご覧いただくと、取引所もビットコインの分裂に対しての対応に困惑しているのが伝わります。

法的通貨では、フォークがあり得ないことですから、実際に8月1日を迎えてみないとどうなるのかは分かりませんね。

 

☑️ビットコインの価値は今後どうなるのか?

では、最後にビットコインの価値は今後どうなっていくのか、について私の意見をお話しておきたいと思います。

2017年の8月1日にビットコインが現時点で分裂するかどうかは決まっていませんが、

分裂してもしなくても今後も基軸通貨として価値が高まっていく

と考えています。

『え?そんなことないよ、暗号通貨全体に下がったし。』

『ビットコインの価格が1ヶ月前に下がったけど。。。』

と不安を抱いている方も多いと思いますが、それは当然の流れなのです。

なぜなら、

多くの投資家が第一の主軸通貨であるビットコインの分裂問題を抱えた暗号通貨市場から資金を抜いているから

です。

それでも、本日2017/7/21時点で1BTCあたり約29万円を超えていて、さすがに暴落からの上がりが8月1日を目の前にしてくるとは驚きです。

暗号通貨へ投資をしている人はご存知かと思いますが、過去にイーサリアムがハードフォークをしました。

イーサリアムが分裂した当初は、イーサリアム・クラシックは、ハッシュパワーの1%程度を得たぐらいで、尻すぼみになり消滅すると思われていました。

しかし、現在はイーサリアム約2,5万円に対し、イーサリアム・クラシックは約1.8千円となっていて、当初の予想よりもその価値を認められる結果となりました。

イーサリアム自体はプラットフォームなので、どちらのプラットフォームに多くのアプリケーションが構築されるのかが鍵になってきます。

ビットコインも同様に、もし分裂したとしても長期的に見ると双方の価値が認められ、価格差はあるものの少しずつ価格は上昇傾向に落ち着くかと思われます。

ゴールドマン・サックスのテクニカル戦略部長Sheba Jafari 氏は先週末、ビットコイン/米ドル市場は長期的にはまだ上昇トレンド内とする分析を顧客に送っているとBusiness Insiderで報じられた。

分析の中では足元のビットコイン市場をテクニカル理論のひとつであるエリオット波動の「第4波の調整場面」と捉え、一度大きく下落したとしても「1,857米ドルを大きくは下回らないだろう」とし、この後に続く第5波では「最小で3,212米ドル、最大で3,915米ドルまで上昇するポテンシャル」を持つと見ている。

(Business Insider”GOLDMAN SACHS: Bitcoin could see a big drop then surge to almost $4,000”参照)

上記のようにゴールドマン・サックスのテクニカル戦略部長もビットコインは長期的に見て、上昇トレンドであること、そして1BTC約40万円の価値があることを認めています。

仮に、8月1日にハードフォークが起こったとしても、その下落は一時的なものに過ぎず、市場のパニックが落ち着けば、現在の価格よりも高騰すると私も睨んでいます。

ただし、ビットコインで決済ができるようになっている企業が多いので、『』rビットコインが使えなくなる

また、取引所にビットコインを預けている場合は、ウォレットに移していた方が安全です。

取引所に預けているということは、自分の資産が他者の管理下にある状況なので、ビットコインの分裂後の対応を自分で決断することができません。

ビットコインがコアとアンリミテッドに分裂した場合は、今までのビットコインの価値は使えなくなるので、どちらかのビットコインかを選択したい方もその取引所に従わなければなりませんので、今現在、ビットコインを取引所で管理している方は、一旦オフラインのウォレットに移しておくことが非常にリスクヘッジになります。

いかがだったでしょうか?

実際に、8月1日を迎えてみないとどうなるか分かりませんが、少しでも参考にしていただければ幸いです。

今回は、『ビットコインが分裂?ハードフォーク後の価格は上昇か暴落か?』をテーマにお話させていただきました。
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

スポンサードリンク

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

カテゴリー